WICKED LABYRINTH『ウィキッド・ラビリンス』

穢れを身に纏い、英雄となれ。

プレイ人数: 3~5人 / プレイ時間: 30~40分 / 推奨年齢: 14歳以上 /  難易度:★★☆☆☆

先行販売実施中

先行販売:2021年11月20日-21日(公式通販並びに、ゲームマーケット2021秋にて先行発売)

一般販売開始:2021年12月8日(イエローサブマリンでご購入の場合、ポストカードの特典付き)

 

ルールブック:ウィキッド・ラビリンス-ルールブック

あなたは儀式へ参加する若者の一人となって、牛の頭を持つ魔女が棲むという迷宮に入ります。脱出する為には迷宮の中にある「回廊」を探索して、過去に迷宮に入った者の『魂の欠片』を集めます。しかし、探索した「回廊」によってはマイナス点である「魔女の穢れ」を引き取る必要があります。それらを避けながら沢山の「回廊」を探索して誰よりも多くの『魂の欠片』を集め迷宮を脱出しましょう。

 

 

『ウィキッド・ラビリンス』のアートワーク

『ウィキッド・ラビリンス』は、アニメ『マギアレコード 魔法少女まどか マギカ外伝』で総監督・シリーズ構成を務め、『魔法少女まどか☆マギカ』の異空間設計などで知られる、 劇団イヌカレー・泥犬氏の描き下ろしアートワークを使用。 その独特の魔女空間をボードゲームで思う存分楽しめます。

その儀式から帰還できる者は、毎年決まってヒトリだけ。

成人を迎えたばかりの選ばれし若者が迷宮へと入っていく。 その迷宮は牛の頭を持つ魔女が棲むという曰く付きのものである。 帰還した者は英雄として称えられる。 そして、翌日にはその迷宮で過去に消えた者も数名戻っている事があった。 それらはいずれも英雄としての才能を持ち、後に何らかの成功を収める事となる。

ゲームについて

あなたは儀式へ参加する若者の一人となって、牛の頭を持つ魔女が棲むという迷宮に入ります。脱出する為には迷宮の中に有る「回廊」を探索して、過去に迷宮に入った者の『魂の欠片』を集めます。しかし、探索した「回廊」によってはマイナス点である「魔女の穢れ」を引き取る必要があります。それらを避けながら沢山の「回廊」を探索して誰よりも多くの『魂の欠片』を集め迷宮を脱出しましょう。

 

ゲームの特徴

・迷宮にある回廊を探索して、『魂の欠片』を集めよう!ただし、探索ができるのはだれよりも多く探索駒を握ったプレイヤーだけ。

・探索駒の他に、マイナス点である『魔女の気配』も一緒に握る事ができる。それが他のプレイヤーによって握られていたなら、探索を行うプレイヤーはマイナス点である魔女の穢れを引き取る必要がある。

・同色の『魂の欠片』を集めてレベルアップすることで魂の価値を上げる事ができる。そうして得点をたくさん集め、勝利せよ!

ジャンル

迷宮探索心理戦ゲーム(3~5人)

遊び方

プレイヤーは儀式に参加する若者の一人となり、牛の頭を持つ魔女が棲むという「迷宮」を探索します。 このゲームでは「迷宮」にある「回廊」を1つずつ探索して『魂の欠片トークン』を集めます。その為には、誰よりも多くの『探索駒』を握って公開する事により、「回廊」を探索する権利を得ます。(2番目に多く公開したプレイヤーも探索の権利を得ます。) しかし、探索した「回廊」によってはマイナス点である「魔女の穢れ」を引き取る必要があります。それらを避けながら沢山の「回廊」を探索して『魂の欠片トークン』を集めましょう。集めた『魂の欠片トークン』によって『神託カード』を達成し、より多くの得点を獲得して「迷宮」を脱出しましょう

ゲームの目的と終了

ゲームの目的

ゲーム中に獲得した『魂の欠片トークン』と、達成した大小の『神託カード』から得られる得点を合計して最終的に最も高い得点を獲得したプレイヤーが勝利します。勝者は「迷宮」から期間し英雄となるのです。

ゲームの終了

4ラウンド目(最終ラウンド)の「魂の処理フェイズ」が終了したらゲーム終了です。(『回廊カード』の山札が無くなった次のラウンドが最終ラウンドです。)

コンポーネントの種類

回廊カード

このカードはゲーム中に探索する「迷宮」にある「回廊」を表しています。 『回廊カード』には赤・緑・青・黄の5色の「魂の欠片」と、「上位化の呪文」「変色の呪文」が上下に描かれています。

ラビリンスタイル

中央に魔女が描かれ、外側にはプレイ人数ごとに「迷宮」に置かれる『回廊カード』の枚数が描かれています。

魂の欠片トークン

「魂の欠片」を獲得する際は、このトークンを受け取ります。

探索駒

握って公開した『探索駒』の数によって「回廊」を探索する権利を得られるかどうかが決まります。

気配駒

「回廊」を探索する権利を得たプレイヤーは、そのとき公開されていた『気配駒』に応じて、『魔女の穢れタイル』や『魂の欠片トークン』を受け取ります。

神託カード

『大神託カード』と『小神託カード』は「魂の処理フェイズ」中におもて面に描かれている『魂の欠片トークン』を集めることで達成します。達成することで、得点や新たな「魂の欠片」等が獲得できます。

魔女の穢れトークン

得点計算時にマイナス点になります。

ついたて・個人ボード・サマリーカード

ゲーム開始時に各プレイヤーに配られます。

ダウンロード

ルールブック:ウィキッド・ラビリンス-ルールブック

リンク&レビュー

準備中

動画

ティザームービー

ゲーム紹介PV

 

イメージ

販売情報

ゲームマーケット2021秋先行発売

2021年11月20日-21日(公式通販並びに、ゲームマーケット2021秋にて先行発売)

以後先行販売を公式通販サイトで実施いたします。先行販売実施中

一般販売

2021年12月8日

※イエローサブマリンでご購入の場合、ポストカードの特典付き

製品仕様

–ウィキッド・ラビリンス–

迷宮探索心理戦ゲーム(3~5人)

3~5人用 / プレイ時間 約30~40分 / 対象年齢14歳以上

内容物: 回廊カード: 24枚 / ラビリンスタイル: 1個 / 魂の欠片トークン: 80個 / 探索駒: 40個 / 気配駒: 10個 / 大神託カード: 12枚 / 小神託カード: 12枚 / 魔女の穢れタイル: 25個 / ついたて: 5個 / 個人ボード: 5枚 / サマリーカード: 5枚 / ルールブック: 1冊

言語: 日本語

希望小売価格: 3,960円(税込)

 

PAGE TOP